箕面、茨木から大阪市内の賃貸・不動産|プライスレス > 株式会社プライスレスのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸借契約の流れ

賃貸借契約の流れ

≪ 前へ|貸主変更   記事一覧   売買契約の流れ|次へ ≫
カテゴリ:賃貸物件関連
★賃貸借契約の流れ 

賃貸契約をしようと思ったら、まずは内覧ですよね。
内覧してから、申込、契約とどんな手続きが必要で、どれくらい時間がかかるか、目安を書いてみました。
管理会社と仲介会社の書類のやり取りは通常、郵送でするため、申し込みから入居までは、いくら急いでも2週間程度、目安として3週間程度かかります。

①内覧&申し込み
 申し込みの際には身分証のコピー(裏表両面)と申込書の記入が必要です。
 申込書には申込者の情報の他に緊急連絡先の方の情報も必要です。
 また、連帯保証人が必要な場合は連帯保証人の勤務先や年収なども記入することになりますので、あらかじめ確認しておくと申し込みがスムーズです。
②審査 
 通常は「保証会社」と「大家さん(管理会社)」の審査があります。
 保証会社の審査は通常1~3日です。保証会社から勤務先に在籍確認の連絡がいくこともあります。
 (連帯保証人さんに連絡いくこともあります)
③契約書等書類を仲介会社で受け取る
 審査が無事通れば、3~5日程度で管理会社から仲介会社に契約書等の書類が送られてきます。
 重要事項説明を受け、契約書や火災保険、保証会社の保証契約書等、必要な書類をもらいます。
④初期費用の入金&書類の提出
 初期費用を支払い、契約書等にサインを済ませ、必要書類と併せて仲介会社に提出します。
 必要書類は主に住民票、印鑑証明(連帯保証人)、収入証明、顔写真などです。
 初期費用の支払い期限はだいたい申し込みをしてから7~10日後くらいになっていることが多いです。
⑤鍵をもらって手続き終了
 提出した書類に不備がなければ、入居日に鍵がもらえます。






≪ 前へ|貸主変更   記事一覧   売買契約の流れ|次へ ≫

トップへ戻る